婦人科のご案内

ホーム > 婦人科のご案内 > 不妊外来

不妊外来

赤堀病院ではタイミング指導に始まり、人工受精、腹腔鏡下手術、体外受精、顕微受精とあらゆる手段を用いて多くの方が子宝に恵まれておられます。新しいママの笑顔を見るのが私どもの生きがいともなっております。
県北で体外受精を受けられるのは当院のみで、県北唯一の県指定不妊治療支援指定施設となっていますし、行き詰まった方には不妊カウンセラーが優しく相談に乗ってくれます。

治療の方針

最初は出来るだけ自然に近い方法から始めて、段階的に進めていきます。そして、人工授精、腹腔鏡下手術、体外受精など最新の技術を駆使していくという方針をとります。

不妊症の検査

不妊症の原因は1つとは限りません。そこで月経周期に応じていろいろな検査が必要となります。また、女性側、男性側の原因の確率はほとんど同率です。各検査には、適切な時期がありますので、医師の指示どおりに来院していただく事が大切です。
女性の検査
内分泌の検査 ・血中ホルモン測定
・基礎体温
・尿中ホルモン測定
卵管の検査 ・子宮卵管造影
・超音波断層法
・通水検査
・腹腔鏡検査など
子宮の検査 ・子宮卵管造影
・超音波断層法など
頚管因子の検査 ・頚管粘液検査
・性交後試験
その他 ・クラミジア検査
・甲状腺ホルモン検査
・抗精子抗体など
男性の検査
精液検査 精子の数と形を検査

治療の方法(体外受精など)

タイミング指導 基礎体温や超音波診断により排卵の時期を測定し、性交日を合わせる方法
薬物療法 ・漢方薬、ビタミンE(主に血流を良くする事により、卵巣機能を助けます)
・排卵誘発
・ホルモン補充   
・その他  
  ・高プロラクチン血症 → テルロン
  ・クラミジア → 抗菌剤
  ・甲状腺機能異常 → 甲状腺ホルモン
人工授精 子宮内に精子を注入する方法
手術療法 ・腹腔鏡下手術
・卵巣腫瘍摘出術など
体外受精(胚移植) 超音波断層法を行ないながら、卵巣から直接卵子を採取し、体外で精子と受精させ受精卵を子宮内に移植する方法
凍結受精卵(胚移植) 体外受精で受精した卵のうち、凍結保存した卵子を融解して移植する方法

不妊治療実績

平成28年度
不妊治療による妊娠総数 98
内 体外受精による妊娠数は17
当院の不妊治療実績が評価され、週刊朝日「不妊治療の『いい病院』全国最新調査216施設」の中で紹介されました。全国216施設中岡山県下では6施設(うち個人施設は当院を含めて4施設)が紹介されています。
詳しくは2006年2月5日発売の週刊朝日臨時増刊号「手術数でわかるいい病院 2006 -全国&地方別ランキング-」をご覧下さい(定価580円)。

不妊治療の体験談

結婚7年目、1年半の不妊治療の末、ようやく授かることが出来ました。高齢でもあり子供はもう無理かなと諦めかけた時もありましたが、後悔のない人生を送る為にも出来るところまでやってみようと通い始めました。仕事をしながらの不妊治療は時間的にかなり大変でしたが、院長先生のご指導のもと、まだ見捨てられていないという安心感に包まれて、辛いというよりむしろ幸せな気持ちで続けることが出来、心より感謝しています。なかなかうまく行かず顕微授精まで進み、1度目は着床せず、2度目は流産。
もうダメかなと思い始めた3度目が今回の妊娠でした。初期は切迫流産で3週間入院。8週から再入院。つわりもひどく不安な日々が続きましたが、無事安定期に入り幸せなマタニティーライフを過すことが出来ました。そして予定日前日に破水して入院。促進剤を入れてから1日半苦しみ、最後耐え切れなくなった時には助産師の渡辺さんに助けて頂き、本当に心強かったです。皆様に支えられながら無事出産。我が子を胸に抱いた時は夢を見ているような気持ちでした。先生始め、助産師、看護師の皆さん、スタッフの皆さん、優しくお世話して頂き本当に有難うございました。生まれてきた可愛い我が子を大切に育てていきます。幸せを有難うございます。
平成23年6月27日 女児を出産されたY・Mさんの体験記より
結婚9年目で今回初めての出産でした。結婚後出来れば自然に子供が欲しいと思い、他の病院で検査をするも、主人も私も特に原因が見つからなかったのでのんびり過していました。しかし私の年齢のことを考え2009年よりこちらで不妊治療を始めました。
なかなか結果が出ず落ち込むことが多かったですが、仕事が終わってから遅い時間に注射に通う私に、スタッフの方が優しく言葉をかけ下さり、とても感謝していました。治療を始めて1年以上経った頃にはもう子供は無理なのかもしれないけれど、将来「あの時続けていれば・・・」と後悔するよりは、可能性のある年齢のうちはやれる治療をすべて受け、夫婦2人での生活を受け入れようと考えていました。やるだけやったと自分を納得させる為に治療を続けようと思っていた矢先、先生から妊娠を告げられました。嬉しさよりも信じられない気持ちが大きくて、安定期に入るまでは不安で仕方ありませんでした。
しかし妊娠生活は順調で仕事もずっと続けることが出来ました。10ヶ月に入ってから急に血圧が高くなったので入院になりました。
出産は破水したものの、促進剤を使用しても子宮口が開かず帝王切開での出産になりましたが、元気な男の子を授かることが出来ました。新しい病院で1ヶ月近く過ごさせて頂きました。体調も回復しきれいな部屋でのんびりと過せたことはとても大切な時間だったと思います。先生始めスタッフの皆様には大変お世話になりました。皆様の明るい笑顔に癒された入院生活になりました。本当に有難うございました。
平成23年5月19日 男児を出産されたKUさんの体験記より

不妊症のカウンセリング

不妊患者様は家庭環境、経済的負担などさまざまなストレスにさらされています。しかし、悩みを相談したりすることが出来ず、孤立してしまいがちです。そこで、赤堀病院では、具体的な状況を説明した上で、ご夫婦の治療に対する考え方を大切にし、また、様々な悩みをお聞きすることによって患者様を支えるようと心がけております。
赤堀病院では、その為に専門スタッフによるカウンセリングを随時行なっておりますので、1人で問題を抱え込まず、どうぞ私たちにご相談下さい。

赤堀病院の求人情報

院内コンサート
院内コンサート
赤堀病院では、毎年院内でコンサートを開催しております。
カンガルー通信
カンガルー通信
赤堀病院でお産された方々の体験談を編集し、毎月、発行しております。
子育て応援します
子育て応援します
育児教室や童話教室、発育相談などを開催しています。
subInfoBtn