カンガルー通信

ホーム > カンガルー通信 > カンガルー通信<電脳版>

カンガルー通信<電脳版>

平成30年1月2日 男児 2376g Y・Aさん

初めての出産でした。
妊娠中はつわりがありましたがお腹の子の為に頑張ろうと食べられるものを口にして乗り越えました。

つわりが落ち着くとその後は大きなトラブルもなく大きくなるお腹に早く赤ちゃんに会いたいという気持ちとまだ妊娠生活を楽しみたいという二つの気持ちで毎日過ごしていました。12月30日の朝10分間隔でお腹の痛みがあり胎動も少なったので受診しました。前駆陣痛とのことで一旦帰宅し陣痛を待つことに。その後陣痛も落ち着いたのでドキドキしながら自宅で年越し。1日の朝お腹の痛みで目が覚めました。前駆陣痛より強い痛みがあったので夕方入院。子宮口はすぐに開かず痛みに耐えながら歩いたりしてその時を待ちました。

子宮口が開き分娩台に上がる頃には体験したことのない辛い時間でしたが 助産師の方の励ましの言葉に力をもらい可愛い我が子に会うことが出来ました。出産したその日から母子同室で入院中戸惑ったり疲れることもありましたがその時は「ベビー室で預かるから休みなさい」とスタッフの方が声を掛けて下さいました。わからないことを相談すると皆さん親切にアドバイスして下さり とても楽しい入院生活でした。赤堀病院で出産できて本当に良かったです。皆さん有難うございました。

平成29年12月29日 男児 2718g Y・Yさん

初めての出産で不安でいっぱいの中、38週6日で陣痛が来ました。初めは陣痛と気づかなかったのですが破水したので病院に向かいました。

助産師の方が陣痛を促進するマッサージや痛みを逃すマッサージをして下さり「上手だよ」と声もかけて下さったのでとても心強かったです。ピンポイントのマッサージが本当に有難かったです。また夫に立ち会ってもらいましたが苦しい時に手を握れるだけで心強く痛みが和らぐように思いました。誕生の瞬間も一緒に感動を分かちあうことが出来て本当に良かったです。出産や産後の傷は痛みますが我が子を抱ける喜びの方が勝ります。泣き顔や泣き声さえも愛おしく夜中の授乳も頑張ることが出来ました。初めての育児でわからないことだだらけ、不安なことだらけでしたが、入院中にいろいろ教えて頂きながら過ごせたので良かったです。また年末の出産だったので病院での年越しになりましたが、おせちなど病院食で豪華なごちそうをして頂きとても嬉しかったです。今日はどんなご飯かなと毎食楽しませて頂きました。有難うございました。

平成29年12月26日 女児 3366g H・Rさん

初産で里帰り出産でした。
なかなか授からず治療をしていたので妊娠がわかった時は不安もありましたが本当に喜びでいっぱいでした。仕事をしていましたがつわりもなく順調に育ってくれました。


赤堀病院では産休後からお世話になりました。前の病院ではなかった助産師さんの妊婦相談があったのがすごく良かったです。不安に思うことや聞きそびれたことも話すことが出来たので安心できました。出産後、疲れと母子同室でどうしたらいいのかわからない不安感から助産師さんの前で涙を流してしまいました。親身になって話を聞いて下さり、その後も別の方からもいろいろ声をかけて頂いたのでとても助かりました。「何か困っていることはない?」と質問しやすいタイミングを作って下さったのが有難かったです。

平成29年12月21日 男児 2756g M・Nさん

今回2人目の妊娠出産でした。
妊娠がわかった時からつわりが始まりピークの頃は自身の体調不良と上の子がイヤイヤ言うのが辛くてほぼ一日中イライラして子供に当たってしまう日々でした。子供には本当に申し訳なかったと反省し体調が落ち着いてからは気をつけて過ごしました。予定日を過ぎた検診日の夜いつもより痛みや張りが頻回にありました。布団に入った途端5分から10分間隔の痛み。これはきっと前駆陣痛と思っていましたが2時間経っても治まらず痛みが増していったので病院に電話して出発。車中ではさらに痛みが1分から2分間隔になり本格的。まさかこんな所で・・赤ちゃんにもうちょっと待ってよ~と言い聞かせながら病院に到着。分娩室に入り「もういきんでいいよ」と言われ病院到着から30分後には生まれました。あまりの速さに私も主人もびっくり。


生まれた瞬間の泣き声を聞いた感動は格別なものでした。久しぶりの赤ちゃんとの生活は寝不足や胸の張りはありますがやはり幸せを感じることのほうが多いです。食事は美味しくてボリューミーで栄養満点ですし 院内はいつもきれいに掃除して下さっているのでとても快適な入院生活でした。妊娠中から出産産後までいつも優しく丁寧に接して下さったスタッフの皆さん 本当に有難うございました。これから2人の育児を楽しくしていけたらと思っています。

平成29年11月28日 男児 2652g N・Sさん

今回3人目の出産で待望の男の子!!約6年ぶりの出産でした。
上の2人は別の病院だったので赤堀病院では初めての出産でした。
院内や病室はとてもきれいで入院中も快適に過ごさせて頂きました。

1人目の時から帝王切開での出産だったので今回も予定帝王切開でした。手術前日の入院時から看護師さんや助産師さんに不安な気持を聞いて頂きました。丁寧にお世話をして頂き感謝ばかりです。今回の出産は術後の母体トラブル続きで何度も精神的にきついなと感じましたが、そんな時支えて下さったのもまた看護師さんたちでした。術後にひどい頭痛に4日ほど襲われたのですがその期間中赤ちゃんのお世話ができないでいると私の体調を優先して快く赤ちゃんを預かって下さいました。赤ちゃんにも皆さんにも申し訳なさがありましたが 入院中は自分の体調を優先させてもらおうと気持ちを切り替えてお世話になりました。そのお陰で体調も回復し入院後半は赤ちゃんと過ごすことが出来ました。

今回とても悩んだのがおっぱいトラブルでした。2人目の時はトラブルもなく完母でいけたのでそれだけに精神的に落ち込み自信をなくしました。なかなか増えない母乳量・・夜な夜な一人で胸との闘いでした。そんな時も看護師さん助産師さんが毎日気にかけて下さりおっぱいマッサージをして下さったり、赤ちゃんに飲ませやすい方法を教えて下さって本当に本当に励まされました。退院後が不安でしたが焦らず頑張ろうと前向きになることが出来ました。無事に赤ちゃんを出産させて下さった副院長先生始め看護師さん助産師さん、感謝しかありません。本当に有難うございました。

平成29年11月27日 男児 2410g N・Nさん

今回赤堀病院で3回目の出産でした。
1人目を出産後なかなか2人目に恵まれず不育症の診断。内服薬と注射の治療により2年前早産でしたが2人目を無事出産。もともと3人子供が欲しいと思っていたので今回も治療をしながら妊娠出産に至りました。


妊娠中はとても不安で安心した日など一日もなくどうか赤ちゃんがお腹の中で無事に大きく元気に育ってくれますようにと願う日々でした。診察の際には部長先生始め顔を覚えて下さっていた看護師さんが優しく丁寧に声を掛けて下さいました。不安なことも取り除いて下さりとても支えになりました。今回は陣痛がなかなか来ず促進剤を使っての出産。促進剤を使うことに不安がありましたが助産師さんが様子を見にこられる度に声をかけて下さったり腰をさすって下さりとても安心できて嬉しかったです。私自身も医療の仕事をしているので直接手で触ったり顔を見て寄り添って下さる姿勢に私も習いたいなとあらためて考えさせられました。人の誕生という奇跡の瞬間に携わっておられるスタッフの皆様一人一人に感謝の気持ちでいっぱいです。忙しい仕事の中でも優しく丁寧に対応して下さる姿勢・・赤堀病院で出産して良かったなと思いました。食事もボリューミーで美味しかったです。有難うございました。産後 病室に帰る時気分が悪くなった時も体を気遣って家族のことも気にかけて下さりとても嬉しかったです。本当に有難うございました。

平成29年11月18日 女児 3038g M・Sさん

今回初めての出産でした。
一度流産経験もあり妊娠がわかっても不安で検診の度に気が重く先生から言われる一言一言を帰ってから調べていました。ひやひやすることがたくさんありましたが周囲のサポートのお陰で出産まで来られたと感謝しています。臨月に入り出産への心構えは十分しているつもりでしたが、目前になると夢に出てくるくらい頭の中がいっぱいになりました。おしるしがなかなか来ず余計に不安になっていた所予定日の一日前におしるしがありました。陣痛が10分間隔になり病院に連絡して入院させてもらいました。


分娩台に上がってから12時間の苦戦、前日から1日以上の戦いだったので、いきむ力がなくなってしまい吸引してもらいました。スタッフの方何人に関わっていただいたでしょうか。感謝しきれません。陣痛の痛みが和らぐようにボールでいきみ逃しをしてくれた旦那様、最後まで見届けてくれ生まれた瞬間二人とも涙でぐちゃぐちゃになりました。あの時のことは一生忘れないと思います。入院生活もたくさんのスタッフのきめ細かい対応と気さくに相談出来る当院の方針は素晴らしいと思いました。それと同じ時期に入院していた方々と一緒に食事をしたり指導を受けているうちに仲良くなりいろいろ情報交換できたのも、今後子育てしていく上で不安解消になりました。こんなにたくさんの人に見守られて生まれてきたことをこれから育っていく我が子に伝えようと思います。有難うございました。

赤堀病院の求人情報

院内コンサート
院内コンサート
赤堀病院では、毎年院内でコンサートを開催しております。
カンガルー通信
カンガルー通信
赤堀病院でお産された方々の体験談を編集し、毎月、発行しております。
子育て応援します
子育て応援します
育児教室や童話教室、発育相談などを開催しています。
subInfoBtn